グリーンスムージーがちょっと苦手な人へ

グリーンスムージーは野菜の味わいが特徴ですから、独特の臭いはある程度仕方ありません。しかし、ベースとなるグリーンスムージーに入れると味の相性があまりよくない野菜もあるようです。市販の粉末グリーンスムージーでも、原材料によってはくせが強いものも存在します。セロリや、薬草系、漢方など香りが独特な材料が苦手な人は、避けた方がいいですね。青臭さをどう思うかは、個人の好みによるところも大きいのですが、基本的に果物の割合を多くすれば野菜の臭みが紛れるのは当然です。どうしても青臭さが苦手な人はバナナなどの分量を多くするのがおすすめです。かなり強烈なインパクトがあるので大抵はこれで何とかなってしまいます。手づくりするにしても、市販の粉末グリーンスムージーを購入するにしても、材料はよくよく吟味しないと好みに合わなくて全く飲めないというもったいないことになってしまいます。グリーンスムージーは味わって飲むものですから、口に合わないスムージーを無理に飲むのは苦痛ですよね。初心者は果物の割合が50%以上のものを選んでみましょう。手づくりの場合も同様に、果物はスタンダードにバナナ、キーウィフルーツ、りんごまでをベースにし、野菜は粉砕しても苦味の出ないレタスを主にするのがおすすめです。香りの強い野菜はほんの少し入れるだけでも味を変えますので要注意です。グリーンスムージーを飲み慣れてきたら、違うテイストに挑戦するといいですね。グリーンスムージーの醍醐味は、材料による味の違いを楽しむことにもあります。簡単に色々な味を試せる市販の粉末グリーンスムージーは非常におすすめです。野菜嫌いな人にこそ、グリーンスムージーはぴったりのドリンクなのです。